楽しいレイアウト集」では紹介出来なかったレイアウトを掲載。
このページではレイアウトの作り方の説明はありません。

2014年08月 記念すべき、はじめてのプラレール


娘の出産で嫁が入院中なので、長期で子供と二人っきり。
気まぐれに立ち寄ったリサイクルショップでプラレールを発見。子供との時間つぶしにプラレールを購入。

この日からプラレールにハマってしまうとは・・・。
001_P_20140821_193111_NT
001_P_20140821_193131_NT
リサイクルショップでは、レールが1本20円で購入出来るので、これなら少ないお小遣の私でも購入できます。

2015年12月 娘が生まれて1年後


立体的なレイアウト


長い橋脚を使用し、駅と橋脚まで作りました。
102_P_20151205_175629
102_P_20151205_175701
102_P_20151205_180431
小さな怪獣(1歳児)に、橋脚を取られ崩壊するレイアウト。
やはり、子供が小さいうちは立体的なレイアウトは控えた方がいいですね。


高架の上に駅があるレイアウト


高架に駅があり、トンネルや踏切も作りました。
103_P_20151213_175905
103_P_20151213_175955
103_P_20151213_180042
走っているプラレールを捕まえる小さな怪獣・・・。
レイアウトを立体にしようと、平面にしようと関係なく邪魔をしてきます。


2段タワーレイアウト


プラレール博でお馴染み!タワー型レイアウトの小さい版です。
104_P_20151213_182154
104_P_20151213_183447
息子が頑張ってレイアウトを作成。
しかし、レイアウトに怪獣がダイブして泣き叫ぶ息子・・・。


タワーと複線のレイアウト


高架と鉄橋を使い、さらには複線まで完備!おまけに車庫まで作りました。 105_P_20151220_143611
105_P_20151220_143701
105_P_20151220_145003
鉄橋があるレイアウトは本格的な感じがしますよね。これぐらいのレイアウトだと、さほどスペースもとらない上に、複数の車両が同時に走れて子供も大喜びです。


立体的にUターンレールを使ったレイアウト


簡単なUターンレールを使った立体レイアウトを作ろうと思った結果、楽しくなってついつい大きくなってしまったレイアウト。
107_P_20151226_195009
トンネル、踏み切り、跳ね橋、鉄橋、駅などの情景部品を多彩につかったので、小さな町みたいになりました。
107_P_20151226_195741
上から見ると車両が交差してカッコいいです。
107_P_20151226_200841
107_P_20151226_201046
立体的なレイアウトは車両を走らせると迫力があります!情景部品も多いため子供も大喜びのレイアウトでした。

↓プラレールのお得な情報が沢山! ランキングサイトへ
ブログ村へ