楽しいレイアウト集」では紹介出来なかったレイアウトを掲載。
このページではレイアウトの作り方の説明はありません。

2016年02月 大量編成がお気に入り


間違い探し


上が情景部品を使用していないレイアウトです。下が情景部品を使用したレイアウトです。 さて何処が変わったでしょう?
002_P_20160227_124710
002_P_20160227_125701
情景部品がある方が、やっぱり見栄えがいいですね。
車両は何両編成なんだろう?


簡単立体レイアウト


「坂レールを使ったレイアウト」と、「坂曲線レールを使ったレイアウト」の2種類が交差する立体的なレイアウト。プラレールが2つ走れるようにしました。鉄橋も作成。
灰色の橋脚は、リサイクルショップで1本20円で購入したモノレールの橋脚です。
003_P_20160228_090809

003_P_20160228_091740
これぐらいのレイアウトだと、省スペースかつ簡単に作成できるのがよいですね。高さのあるレイアウトは走らせると迫力があるので、子供も喜んでいました。

5段タワー


「タワー型のレイアウト」と、「坂レールを使ったレイアウト」の2種類。信号所も作成。 004_P_20160228_104554
タワーレイアウトの最上部が、曲線坂レールで作っているので、コンテナがグラグラします。
004_P_20160228_104628
コンテナを落とさず上手に走れるかな?


車両基地付きの複線レイアウト


複線で車両が複数走れます。レイアウトの中央には車両基地も作成。この頃の息子のお気に入りは、大量編成の手ころがし遊び。

それにしても、何両編成なんだ?数えてみよう。 101_P_20160221_161640
父親の悪魔のささやきで、スイッチON!!
101_P_20160221_161737
やっぱり脱線するよね・・・。


↓プラレールのお得な情報が沢山! ランキングサイトへ
ブログ村へ